»
»
»
夫婦の絆が弱まっている手相

夫婦の絆が弱まっている手相とは?結婚占いで回復させる術を探る

「最近どうも家に帰るのが億劫だ」または、「夫が帰ってくるのが何となく、うっとおしい」そんな気分の人は自分の結婚線をチェックしてみましょう。
結婚線が下降線をたどっている場合は夫婦の絆が弱くなっています。
もし結婚線に島が出ているようなら二人の関係がマンネリ化して惰性で暮らしているタイプの夫婦です。
それまでは夫や妻と一緒に居ればくつろいだけれど、その手相が出てからは気を使うことが増えたり、時には話すのが面倒に感じたりすることがあるでしょう。
夫婦の絆が弱くなっていて、相手の気持ちに寄り添うことができなくなっているのです。
また、自分は仲良しだと思っていても相手の本心は離れて行っていることもあるでしょう。
結婚線が感情線に近くなるほどに深刻さの度合いが増します。

結婚占いで夫婦の絆が弱まっている手相について探ろう

あなたの結婚線が下を向いている時にはパートナーの様子に気を付けてみましょう。
もしかしたら結婚生活に嫌気がさしていたり、他に何か悩みを抱えていたりするかもしれません。
二人の絆がしっかりしている時なら、嫌なことは嫌だと気軽に言えるし悩みがあれば愚痴の一つも出るものですが、二人の絆が弱くなっている時には、心の中で不満をためていたり、一人で悩み事を抱えてしまったりするものです。
これは、相手だけではなく自分についてもいえます。
今までだったら気軽に言えたことが何となく言いにくくて、うっぷんを溜めてしまっていることもあります。
こんな状況を打開する方法は、コミュニケーションをしっかりとることです。
日常の言葉がけをしっかりしましょう。
特に大切な言葉は「ありがとう」です。
笑顔でサラッと「ありがとう」が言えれば夫婦仲を好転させる運勢が巡ってくるでしょう。